河原実業株式会社 LPガスで、地球に優しい環境づくり
TOP会社概要・沿革サイトマップリンク
ガス器具の安全使用のために
 
  ガス器具の安全使用のために
 
ガス機器には適合マークがついています。ガス機器はガスの種類に合わせて調整されています。あなたのお使いのガス機器にLPガス用の適合マークがついているか確認してください。
 

炎の状態は?

正常に燃焼している炎はきれいな青色をしています。空気が足りない場合の炎は、炎の先端部あるいは全体が黄色〜オレンジ色を帯びます。空気が多すぎる場合には、炎は青白く短いものになります。
 

ガス栓とガス機器の接続は?

ガス栓のサイズ・接続口の形状に合った接続具(ゴムホース等)をご使用ください。
無理な接続はガス漏れ、火災などの原因になります。
 

ゴム管は大丈夫?

外見上異常がない場合でも、約3年を目安にお取り替えください。また、ひび割れや固くなったものは早急にお取り替えください。
ゴム管はガス栓の赤い線まで(根本まで)キッチリ差し込んでいただき、必ずゴム管止めで止めてください。ゴム管止めをしないとガス漏れ、火災などの原因になります。
使わないガス栓にはガス栓キャップをかぶせてください。なお、使用しないガス栓がある場合には弊社の担当営業所までご連絡下さい。誤操作によるガス漏れ等が発生しないように弊社の担当者がガス栓を取り外す等の処置を致します。
 

ガス機器使用時には換気にご注意下さい

ガスは新鮮な空気を求めています。換気が不十分な状態でガスが燃焼すると、不完全な燃焼となり、一酸化炭素中毒になる恐れがあります。必ず換気扇を回すか、窓を開けるかして、換気を行ってください。
 

キッチンでのチェックポイント

コンロや小型湯沸器をお使いになる時は、必ず換気扇を回すか、窓を開けて換気してください。ただし、マンションなど機密性の高い住宅や、閉め切った室内でお風呂を沸かしているときや、シャワーを使っている時に、隣接するキッチンの換気扇を回すと、ふろがまの排気が浴室内に逆流し、一酸化炭素中毒をおこす場合がありますので、換気扇は使用せず、窓を開けるようにしてください。
 

お部屋でのチェックポイント

ガスストーブ等をお使いになる時は30分に1回程度、新鮮な空気に入れ替えてください。

排気筒は確実に取り付いていますか?(排気筒があるガス器具をご使用のお客様の場合)
排気筒(煙突)が詰まっていると、不完全燃焼を起こす場合があり大変危険です。日頃から、以下の点に気をつけてください。
排気筒(煙突)の詰まり、はずれ、穴あき、腐食を確認してください。 排気筒(煙突)内に、鳥が巣を作っていたり、排気筒の先端部がふさがれていないか確認してください。
給気口が植木や荷物等でふさがっていないか確認してください。