河原実業株式会社 LPガスで、地球に優しい環境づくり
TOP会社概要・沿革サイトマップリンク
万一のときには
 
万一のガス漏れの際にはマイコンメーターがガスを止めます。マイコンメーターは、次のような場合にガスを遮断します。

1. 地震(震度5弱以上のとき。条件によっては震度4程度でも遮断する場合があります)
2. ガス機器の消し忘れあるいはガス機器の長時間使用
3. 多量のガス漏れ

この時、マイコンメーターの液晶表示部にある赤ランプが点滅しています。
マイコンメーターの遮断によりガスが止まった場合には、ガス漏れの疑いもありますのでガス臭くないか十分確認してください。ガス臭くないとき(ガス漏れ以外の原因の時)は、下記の復帰の手順に従って操作してください。なお、ご心配な場合には、弊社の担当営業所までご連絡下さい。休日・夜間であっても弊社の担当者が出動し、処置を致します(無償)。
 
  マイコンメーターの復帰の手順
 
まず、すべてのガス機器を止めて、ガス栓を閉じてください。屋外の機器も忘れずに閉めてください。また、使っていないガス栓は閉まっていることを確認してください。
この時メーターガス栓は閉めないで下さい。
復帰ボタンを止まるまでしっかり押して、表示ランプが点灯したらすぐ手を離してください。このときメーター内部で「カチッ」と音がします。
そのまま約1分間待ちます。(マイコンメーターのメーカーやタイプによっては、約2、3分間待つものもございます。)
この待ち時間の間にマイコンメーターがガス漏れの有無を確認しています。所定の時間が経過した後に、再度ガスメーターを確認していただき、赤ランプの点滅が消えていれば、今まで通りガスが使えます。
所定の時間が経過した後も、赤ランプが点滅したままでガスが止まった状態が続く場合は、ガス機器の止め忘れやガス漏れが考えられますので、もう一度ガス栓の閉め忘れやガス機器の止め忘れがないか確認してください。正常に復帰しない場合や、不明な点、心配な点がある場合は、弊社の担当営業所までご連絡ください。休日・夜間であっても弊社の担当者が出動し、適切な処置を致します(無償)。
 
 
火災予防上の注意
 
ガス機器のそばには燃えやすいものを置かないでください。
揚げ物をしている時やグリルを使用している時は、長時間その場から離れないようにしてください。
来客や電話などでその場から離れる時には、必ず火を止めてください。
ガス機器は天井・壁などから離して設置するようにしてください。
排気筒(煙突)があるガス器具をご使用の場合には、排気筒に燃えやすいものを近づけないでください。